2010年05月26日

福島社民党首、沖縄知事と会談=普天間「覚書」で打開の動きも―与党(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は25日午後、沖縄県を訪問し、県庁で仲井真弘多知事と会談、鳩山由紀夫首相が表明した米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古周辺に移設する方針に反対する考えを伝えた。仲井真知事は県外移設を引き続き目指すよう要請した。
 同党は福島氏の沖縄訪問も踏まえ、普天間問題への対応を決める。与党内では同日、同飛行場の県外・国外移設と3党連立体制の強化を追求するなどとした「覚書」を幹事長レベルで交わすことで、社民党の連立離脱回避を探る動きが出てきた。
 福島氏は会談で、辺野古に移設する政府方針について「沖縄とも(連立を組む)3党とも合意がなく、日米共同宣言になるという手続きそのものがおかしい」と強調。これに対し、仲井真知事は「(政府方針は)大変遺憾だ。ぜひ県民に納得がいく解決が図られるよう頑張ってほしい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
<降雨>東海地方、24日夕にかけ強い雨(毎日新聞)
両陛下が障害者施設をご訪問(産経新聞)
対北制裁強化を=自民(時事通信)
<野球賭博疑惑>琴光喜関を任意で聴取 警視庁(毎日新聞)
posted by セリザワ キヨコ at 10:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。